トップページ » 3DCG
3DCG

ディズニーアニメ『ファイアボール』感想

 ブログ初のアニメ感想ということで、ぜひこれを持ってこようと決めていたのがこのディズニー作品『ファイアボール』です。
 映像作品として面白いので、特別にアニメが好きなわけでなくても楽しめます。もちろん、アニメファンが見てもすごくおもしろいです。
 以下、知らない人向けの紹介。
 ネタバレ含む詳しい感想は続きから。

 番組内容は一話が2分程度の全十三話。(第一部)
 基本的に一話完結でもあり、軽く見られると思います。
 テレビ放送だけでなくネットでの無料配信も行われていて、現在でも以下の公式サイト(プロモーション映像と三話と七話)やYouTubeの方で視聴できます。
 YouTubeは違法ではなく制作側が利用したという話です。確認は取ってない情報ですが、相手がディズニーの場合無断でのアップロードはかなりのハイリスクと思われるので納得できる気がします。
 YouTubeで探す場合は『ファイアボール』で検索して、3DCGの白い人型ロボットとオレンジ色のクレーン車のようなマシンが表示されるもの(話数付き)と覚えると手っ取り早いかと。

 最初に述べましたが、この作品は映像作品としてのおもしろさが売りだと思います。
 基本的に会話劇なのですが、テンポや会話の間が軽快。
 キャラの動きがオチをきっちり引き立てます。
 背景からキャラクターまで全部3DCGで作られていますが、ロボット達のみの登場なので違和感はあまり無いです。むしろ、まばたきや首をかしげる動作が人間らしい感じで。何故か長台詞の前に息継ぎの音が入ってたことも。
 あと映像作品と言えば音楽は外せませんが、これは最終話のBGMに痺れました。
 私はよくアニメやゲームが原作の小説を読みますが、この作品のおもしろさはアニメーションならでは。文字でこの持ち味を全く同じように出すのは不可能だと思います。

 以下が公式サイトです。登場キャラクター紹介や壁紙のダウンロードがあります。

●ディズニー・チャンネルの公式サイト(音楽流れますので音量に注意)
http://www.disneychannel.jp/dc/program/anime/fireball/

続きを読む

ひろにか@二次小説はアメブロにokmtryk  at 16:08トラックバック(0) この記事をクリップ!