トップページ » 宇宙をかける少女_第21話『小さな勇気』感想 / テレビアニメ

宇宙をかける少女_第21話『小さな勇気』感想 / テレビアニメ

     

一言結論:彼女達は、もう戻れない

 ネタバレありなので、以下は続きから。



 勇気ある彼女は、帰りたかった故郷へ戻れない。
 残された彼女も、かつての日々へは戻れない。姉妹を取り返すことができたとしても、小さな親友がいなくては。


 では感想に行こうと思うのですが、登場人物が先週の行動で見事に散り散り。各場所ごとに取りあげていきますね。
 ラストの展開は、最後に。

 まずは太陽。真っ先に取り上げる話題は、我らがつつじ先生です。
 まさか彼女のオモシロ度が更に上昇とは・・・木星脱出時がピークだと思ってましたが、甘かったです。恐れ入りました。
 先週、風音さんに圧倒されていた理由がわかりましたよ。ずばりベンケイがいなかったからですね!
 最も普通なブレインコロニーである彼は、人間の中に入れても見劣りしない常識人。
 彼と組んでいるからこそ、つつじ先生もアクセル全開で突っ走れるわけですな。
 ベンケイは大変だろうけど頑張れー。私だったら、あんなアタマのネジがダース単位でとんでそうな人が身近にいたら絶対逃げますけど。
 そんなつつじ先生の真の敵、それはレオパルドでも獅子堂家でもネルヴァルでもなく『大宇宙の意思』!!
 せ、先生! かように強大な敵と戦っておいででしたか!! ワタクシ存じませんでした!
 輝く笑顔で両腕を広げ「私はぁ今っ、最高に生きているぅぅぅぅ〜!!」の言葉を最後に去っていったこの女傑に敬礼! 涙で予告なんて見えませんとも。

 一方レオパルドコロニーでは。
 理事長先生が復活。その顔は、悪夢にうなされていた睡眠時より余程穏やか。
 クレーム処理はどうしたんでしょうね。風音さんがエミリオ先生の惚れた弱みにつけこんで押し付けた、とか?
 そんな年長レディースは、秋葉秋葉とうるさいレオパルドを男にしようと『ツルギ』とやらを探しているようです。
 ちょうどその頃、自分と食事の約束をしたことで月では一人の男が窮地に陥ってたりするのですが・・・・風音さんは果たして覚えているのか。
 そして、秋葉以外の妹の身も案じてあげてください。確かに、次女四女は敵側についてるので身の危険は無いですけど・・・
 あと長老たち亡き今、もしかして獅子堂評議会ってゆぴたんだけ・・・?

 ちょっと話題が出た月面。
 カークウッド以外のコロニーは協力してネルヴァルを倒す気のようです。たとえ、そのためにカークウッドの住人を犠牲にしてでも。
 ストーリーに絡むのは、先週のナミとネルヴァルの件だけではないのですか、そりゃそうか。
 いや、何となくもう出番終わりかと。今週の冒頭では既に壊滅済(ネルヴァルの反撃で)とかなってても不思議ではないかなーなんて。
 ともかく。
 レオパルド・ネルヴァル&クサンチッペ・ベンケイと、ブレインコロニー同士で戦っているように。
 獅子堂家・ネルヴァリスト・他コロニーと、人間同士もそれぞれの目的の為に争っている現状。
 この作品においては「種族が違うから」というのは、戦う理由にはならない。ここはやっぱり押さえておいた方が良さそうです。

 続きまして、クサンチッペを追撃中の秋葉救出チーム。
 いつきに引っ付いて、ウル父さんに「シートベルトしろ」と怒られる生徒会長。
 ウルはしなくていいんですか、シートベルト。それとも、チャイルド・・・・じゃなくてナビ人シートとか?
 「獅子堂さんは友達」といういつきは、ヒロインズの良心です。君を友達に持てた秋葉やほのかは恵まれている、うむ。
 このシーンの大事な部分は、生徒会長もまた地球孤児という事実だと思われます、が。
 ごめんなさい、公式サイトで確認するまでいつきを口説く為のデタラメじゃないかと疑ってました。
 とすると、レベルフリーは実力で掴み取ったってことか。意外と努力家かもしれませんね。 

 次いでネルヴァル側。
 前回ラストで刺されたナミは、生きているようですが。・・・・・改造とか、されてない?
 ぱっと見、メカっぽいパーツが埋まってたりは・・・・あ、やっぱり胸は姉の秋葉の方がおっきいですね。(何のチェックだ)
 で、気がついたその場所は妙に古めかしい雰囲気。その場所こそ『軌道喫茶 えにぐま』。
 ネルヴァルへの対抗策のある場所は、おもいっきり敵の勢力下でした。神楽のメモは残ってましたけど。
 ともかく、ナミが目覚めて見た光景は、総大将がエプロン着用でナポリタン作ってる、と。
 ・・・・寝惚けてる? それとも気絶してる間に脳改造?
 みたいな展開ですが、夢ではなく現実。人間の習慣に合わせて、一緒に食事を取ろうと思ったみたいです。
 ただまあ、味は判別できてもその良し悪しまでは判断できない様子。
 でもコミュニケーションの為の努力はこの人惜しまないですよねー。レオパルドよりずっと友好的です。

 そこにやってきたアレイダは、神楽の姿になって正しいえにぐまナポリタンの食べ方を伝授。
 いろんな調味料をドバドバかけると、不味かったソレがおいしくなる。
 これはテーマの暗示? 人間・ナビ人・ブレインコロニー・宇宙人。色々いていいんだ、ってことでしょうか。
 選ばれた少数精鋭が大多数を管理する、みたいなネルヴァルの体制を否定しているとも取れる?
 って、この作品だとどうしても「お前ソレ考えすぎ」って念が消えないのですが。
 それから『えにぐま』のレトロな雰囲気は『ハイテク』の対極として描かれているのかな。
 そういえば獅子堂家がご飯バラバラっていうのはちょっと意外でしたが、生活リズム合いそうに無いと考えれば納得出来る気もします。
 慣れない状況に緊張していたけれど、話しているうち(秋葉が連れてこられると知って)怒って飛び出すナミ。
 彼女にとって『宇宙をかける少女』は現在の自分を支える大事なよすが。それが、もう一人いる――しかもそれが秋葉となれば逆上するのはまあ予想通り。
 ですが、意外とネルヴァルには想定外? 人間の感情面の全てはわからないのか。
 取り残された理由の分からないネルヴァルとアレイダは、反抗期の娘を持て余す父母のようだ(笑)
 それからこの場所ですが、ネルヴァルの新ボディ『カテドラル・ベンディスカ』でいいのでしょうか。オッサンたちいないみたいだし。

 そして地球。
 ほのかと高嶺がぶつかりあい、更にそこへナミが。
 カークウッドと地球近いな! レオパルドコロニー〜カークウッドはクサンチッペが2週くらいかけてたのに!
 敵だから距離を置いてるのかと思ったけど、ほのかは先週の出発だった!
 でも不調のほのかでは高嶺には勝てない。戦闘終了かと思いきや、不機嫌四女は次女にわざわざつっかかる。
 ・・・・・あ、相手が悪いんじゃないかなーソレは。喧嘩売るなら相手を見ないと・・・。ヘタしたら真っ二つにされかねん。
 そういう物騒な展開は無くて何よりでした、が。・・・・この子やっぱり改造されてた?
 もしかしたら、姉妹の敵になった彼女も、もう戻れない身体なのか。
 そういえば公式サイトでブレインコロニーにも血液型があることに今更気付いたのですが、まさかナミって輸血されてたりして。なんか赤い
 そして、長女に触れられず、三女に忘れられ、四女に見下され、五女はわかってなさげ。姉妹の一人として心配しないまま、次女の洗脳は解けるのか?
 ナミよりも裏切るべきは彼女では・・・。獅子堂姉妹は誰も責められまい・・・・。

 最後になりましたが、クサンチッペコロニー。
 箱詰め主人公秋葉は、ジュース飲んでるうちに居心地が良くなってきて・・・・
 見たいものだけ見ていればいい、聞きたくないものは聞かなくていい場所。
 己に都合のいいものしか存在しない、自分だけの王国。俺がココで、ココが俺で。宇宙船自分号(何だソレは)。
 じょじょに箱の中の生活に惹かれ、ダメ人間と化していく秋葉。相変わらず意志が弱い子です。
 まあ、誰も困ってないという箱人間の心況を知れたのは良いことかもしれませんけど。相互理解の為に。
 でも、いつきの両親も娘放り出してこんなだったら嫌だなぁ。
 うんやっぱりそれじゃいかんぞ主人公、そこを出るんだ私が代わるから!(もっとダメなやつがここに)
 でも、傍で必死に説得するイモちゃんのおかげもあって、箱にこもることを否定してくれました。ついさっきまでそっち側だったけど!(言うな)
 それにしても「イモちゃん大好き」の次に来るのが「レオパルドのバカ」なのか・・・・
 ともかく、親友と好物のある世界・・・イエ、親友イモちゃんと大好きなまんまる焼きを食べるため帰ってきた秋葉。
 涙、こぼしましたねー彼女。やっとだなぁ。次週を思うと、複雑な気持ちになるけど・・・。

 ポッドで脱出し、カークウッド目前。
 「一緒にカークウッドへ帰りましょう」の言葉は果たされないまま。故郷を守るため、イモちゃんは一人ミサイルへ向かって・・・
 ナミが刺されたし残り話数も少ないし、死人は出ないかなーと期待してたのに・・・・。
 直前で脱出とか、記憶のバックアップがあったりとかで生存とかはないですかねー。
 他に死者はいなくて、この子だけ死ぬっていうのは納得いかないー。

 そういえば今回・前回のラストの展開、下手人はどっちも他コロニー。秋葉とネルヴァル共通の敵?
 でも、いまだ箱の中の秋葉はまだ、このことを知らないんですよね。
 これは目撃者のいつきに言えってことなのか。生真面目な彼女に更に重圧が・・・・どうなる次回。
 
 ではそんな感じで、今回はこの辺で終わりです。
 それではー。

 ・・・・あ、ブーミン出てない!



SORA KAKE GIRL
宇宙をかける少女 Volume 2 (Blu-ray Disc)
宇宙をかける少女 Volume 3 [Blu-ray]
宇宙をかける少女 Volume 1 [DVD]
宇宙をかける少女 Volume 2 (DVD)
宇宙をかける少女 Volume 3 [DVD]



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星