トップページ » 天体戦士サンレッド 二期_第6話『FIGHT.32』感想 / テレビアニメ

天体戦士サンレッド 二期_第6話『FIGHT.32』感想 / テレビアニメ

 

一言結論:仕事はダメなのに充実している人と、すべきことはちゃんとできているのに肩身の狭い人

 ネタバレありますので、以下は続きから。



 今回、なんとなくレッドさんに同情してしまいました。そんな話じゃないとはわかっているのですが。
 いやレッドさんって、所謂ヒーローかどうかはともかくとして(笑)、平和維持はほぼ完璧に達成してるのでは?と思ったら何か猛烈にかわいそうに思えてしまって。
 そういう意味においてはこの人、自分が一番にすべきことはちゃんとできてると思うのです。収入とか人格とか、二番目以降は壊滅的ですけど(笑)。
 にも関わらず、社会的な立場が低くて肩身が狭い思いをしなければならないという。
 この辺、仕事(レッド抹殺)はダメだけど趣味の方では大学教授に認められたりと充実しているヴァンプ様とは対照的だなーと思ったり。

 はっきりいって、レッドさんに守られてる川崎市の住民の安全度って本家戦隊ヒーローやライダーに守られるより高いじゃないですか。
 一般市民が狙われないっていうのは、確かにヴァンプ様たちフロシャイムの方針のおかげとしても。
 でも悪の組織とヒーローの力の差がこれだけはっきりしてるのは、レッドさんが優秀ってことでいいはず。
 おかげで戦闘シーンが全く盛り上がらなくて「身も蓋もない」とか言われちゃうわけですが(笑)。
 レッドさんもこの戦いに関してはやる気があるというか、強い相手と戦いたがってるみたいですよねー。前回も怪人の新人リストに興味持ってたし。
 力の差が有りすぎるというのも困るのか・・・

 でもほんとこの人、腕っ節だけは確かですよ。鎧相手には即顔面パンチ、兜着けてきたらあっさり逆関節とか持ち技も幅広いし。
 ただ、長所がそこに集中してるのか、それ以外にとりえがない(笑)。機嫌悪い時は下手なヤクザより話通じないからなぁ。
 喧嘩時の口の達者なところからすると、頭が悪くは無いのでしょうねー。となると、問題は性格で・・・これはもうどうしようもない気がする(笑)。

 もう一つの大問題、仕事に関してはヒーロー業と両立できるのはパートとかバイトくらいだろうし・・・フロシャイムと違ってレッドさん一人だから。
 となると、家事を覚えて主夫になるのが現実的な解決なのかな・・・
 主夫ヒーローってのも一般的なイメージとは離れてますけど、ヒモヒーローよりはマシですよ、うん。
 かよ子さんも楽になるしいいことずくめ。まあ、そんな展開にはならないのでしょうけど(笑)。

 とまあ、そんな感じで問題抱えつつも平和の守り手としては問題の無いのに、社会的には立場が弱いレッドさん。
 でも、不特定多数はともかく身近な存在であるかよ子さんとヴァンプ様(敵ですが・・・)はちゃんと認めてくれているわけで。そのへんが救われるところですよねー。
 「気にすることないのにねー」とか、何て出来た彼女なんだ・・・。この会話を聞かせてあげたい。

 そんなことを思った今回でしたー。
 ぷりん帝国ってこれで終わり?とかも含めて次回が楽しみです。
 それではー。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


天体戦士サンレッド(2ndシーズン)1巻 [DVD]
続・溝ノ口太陽族
溝の口Forever

トラックバックURL
トラックバック
1. 天体戦士サンレッド FIGHT.32(2期第6話)  [ ホビーに萌える魂 ]   2009年11月23日 14:40
天体戦士サンレッドの2期第6話は、新しい怪人のヨロイジシ登場です。GO GO!ぷりん帝国もありました。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星